※当ブログは「BANDAGE」関連会社及び出演者とは一切関係ありません

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



産経新聞

今朝の産経新聞に仁のインタビュー記事が掲載されているみたいです。
詳細はご自身で確認してみてください。

また記事部分がMSN産経ニュースに
掲載されているようなのでこちらからどうぞ。 
以下は一部抜粋になります。

映画「BANDAGE バンデイジ」赤西仁 映画での出会いに刺激
男性6人組のアイドルグループ「KAT-TUN」の赤西仁(25)が、アーティストとしての幅を広げている。公開中の映画「BANDAGE バンデイジ」(小林武史監督)で、劇中に登場するバンド「LANDS(ランズ)」のボーカルを演じ、その役どころのまま、アルバム「Olympos」を13日にリリース。このアルバムは25日付のオリコン週間アルバムランキングで1位に輝いた。CDのヒットについて、赤西は「うれしいけれど、実感がわかない」と控えめに語る。(竹中文)

映画の舞台は1990年代。バンドブームのなか、音楽に情熱を燃やす若者の友情や確執などが描かれる。主人公を演じた赤西は、役柄と自身との共通点は「まったくなかった」と言うが、曲作りをする主人公が壁にぶつかる姿には共感を覚えたという。
役作りでは、指にタトゥーを入れるなどして外見から入った。「キャラクターのベーシックに基づいて、ちょっと色をつけて、みたいな形でしたね。ナチュラルにやろうと決めていました」と振り返る。

撮影を終えた後も、映画の関係者とは何度か会っているという。「当たり前ですけれど、スタッフ、キャストはすごく大きな存在でした。映画の関係者とは仲がいいですよ。映画に出演して芸能界の交友関係が広がりました。映画から得たことは、これから仕事をしながらわかっていくのでしょうね」
関連記事



コメント ※内容によっては公開しない場合もあります


(編集・削除で必要になります)
管理者にだけ閲覧許可する場合はチェックして下さい

カレンダー

今日は[ ]です!

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント








Copyright © 映画「BANDAGE バンデイジ」の足跡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。