※当ブログは「BANDAGE」関連会社及び出演者とは一切関係ありません

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



全国39ヶ所生中継「BANDAGE バンデイジ」舞台挨拶

映画「BANDAGE バンデイジ」全国39ヶ所生中継大ヒット舞台挨拶
本日TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われる
この舞台挨拶の模様をNGN回線にて全国38ヶ所の
TOHOシネマズ、およびOSシネマズミント神戸にて生中継。

[予定登壇者] 赤西仁、北乃きい、小林武史監督

[日時] 2010年1月25日(月)
16:10の回 上映終了後/19:15の回 上映前

[会場] TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

[中継会場]
1:TOHOシネマズ おいらせ下田 
2:TOHOシネマズ 秋田
3:TOHOシネマズ 宇都宮 
4:TOHOシネマズ ひたちなか 
5:TOHOシネマズ 水戸内原 
6:TOHOシネマズ 西新井
7:TOHOシネマズ 南大沢    
8:TOHOシネマズ 府中  
9:TOHOシネマズ ららぽーと横浜                
10:TOHOシネマズ 川崎          
11:TOHOシネマズ 海老名      
12:TOHOシネマズ 小田原         
13:TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ ※19:15の回のみ
14:TOHOシネマズ 八千代緑が丘                 
15:TOHOシネマズ 流山おおたかの森
16:TOHOシネマズ 浜松     
17:TOHOシネマズ サンストリート浜北  
18: TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ ※19:15の回のみ
19: TOHOシネマズ 東浦
20: TOHOシネマズ 木曽川
21: TOHOシネマズ モレラ岐阜
22: TOHOシネマズ ファボーレ富山
23: TOHOシネマズ 高岡
24: TOHOシネマズ 梅田
25: TOHOシネマズ なんば
26: TOHOシネマズ 鳳
27: TOHOシネマズ 二条
28: OSシネマズミント神戸
29: TOHOシネマズ 西宮OS
30: TOHOシネマズ 伊丹
31: TOHOシネマズ 橿原
32: TOHOシネマズ 岡南
33: TOHOシネマズ 緑井
34: TOHOシネマズ 高知
35: TOHOシネマズ トリアス久山 ※19:15の回のみ
36: TOHOシネマズ 大分わさだ
37: TOHOシネマズ 長崎
38: TOHOシネマズ 光の森
39: TOHOシネマズ 与次郎
in TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
実のところNGN回線がどんなものか調べてもよくわからず
中継ということで要素的にとくに期待をしていなかったんですが
大きな間違いでした。

あたりまえですが大画面。
画質が地デジなみ。
ともなって音声もキレイ。

最初に会場が映し出された時、カメラが正面から
前方観客席も入れて映し出していたので自分たちも
六本木会場の一部になったようなまさにバーチャル空間で
その場にいるような臨場感を味わえました。
言葉で書くのは難しいんですけど、本当にすごかったです。

映画舞台挨拶に入れるのは数百人なのを考えると
地方から行けない人も多いだろうし
今回みたいな中継はこれからも是非やっていただきたい。


舞台挨拶のほうですが・・・
とにかくラルフさんの扱い方がうまいというか
仁たちとのやりとりがアットホームで終始楽しかったです。
あとは覚えている限りメモ的に。

北乃さんが色々なカラオケへ行った時「BANDAGE」が
履歴に必ず入っていたそうで自分も歌ったけど
キーが低くて歌いづらかったといったあとに仁が
「きい」ちゃんが「キー」を下げる、と嬉しそうに発言。

裏バンデイジについて
北乃さんのマネージャーがアサコ役、仁のマネージャーがナツ役で出演。
海での孤独のシーンとかをパロディしてるそうで
撮影終了3日くらい前に監督に秘密でコソコソ撮っていたそうです。
あと笠原さんだけは実際にケンジ役で出演。

梅田の会場と電話が繋がってるということで
仁が梅田客席に向けメッセージしたんですが
2秒ほどのタイムラグがあるため話した数秒後に
向こうに流れる声がこちらでも遅れて聞こえるという現象が。
そのため仁が楽しそうに遅れて聞こえる声を聞きながら
ゆっくり話してました。


【募集した質問コーナー】
監督へ、バンデイジ続編は?
映画(作り物)だからどうとでもできるということで
流れがそういう風に向かえばありえないこともない、と。

北乃さんへ、バンデイジで俳句を作ってください
「BANDAGE 右も左も BANDAGE」
町を歩いていてBANDAGEの宣伝が右にも左にもあるのと
仁の歌う「BANDAGE」も左右から聞こえてくるから

お互いを一言で表すと?
北乃さん→小林監督「皮」
 皮ジャケットをよく着ているから
仁→北乃さん「フルーツ」
 どんなものにも使えて色々な要素が詰ってる?みたいなこと
 →小林監督「コンピュータ」

BANDAGEの仕事が決まったと聞いたときの感想は?
仁→その時の事務所の人とのやりとりを簡単に再現して
  最終的に小林監督と岩井さんがどんな人か気になった、と。
北乃さん→最初アサコがナツを好きになっていく話しだと思っていて
     恋人同士に見えないようにするにはどうしたらいいか考えていた。

撮影現場で流行っていたことは?
おしゃま。
その説明を仁がしながら流れで、ラルフさんだったらおしゃフさん。
ラルフさん「おしゃフ鈴木じゃおかしいでしょ(笑)」

最後に仁からのメッセージで
車のナンバープレートには秘密が隠されていますので注目してくださいと
言った後、観客席から番宣番組ですでに秘密を明かしてることを
教えられ笑っていました。
ちなみに北乃さんは知らなかったようで驚いてました。


他にもあったとは思うんですが・・・
文章能力がないのであまり伝わらなかったらすみません
言葉では書ききれない雰囲気の良さと
実際の細かいやりとりがすごく面白くて
とにかく本当に楽しい舞台挨拶でした!
関連記事



コメント ※内容によっては公開しない場合もあります


(編集・削除で必要になります)
管理者にだけ閲覧許可する場合はチェックして下さい

カレンダー

今日は[ ]です!

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント








Copyright © 映画「BANDAGE バンデイジ」の足跡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。