※当ブログは「BANDAGE」関連会社及び出演者とは一切関係ありません

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



リビング新聞

地域密着型の宅配フリーペーパー
リビング新聞

赤西 仁「元気の素はオフの時間 プライベートは大事にしたい

アイドルグループKAT-TUNとして時代の先頭を走る赤西仁さんが、今や懐かしい90年代初頭のバンド・LANDSのリードボーカルとしてデビュー! 時はバンドブーム。初主演する映画「BANDAGE バンデイジ」は、インディーズからメジャーへと昇るバンドの友情や恋、迷いや葛藤を描く音楽映画だ。
「僕自身の90年代と言えばスパイスガールズが好きで、洋楽とかヒップホップばかり聞いていました。今回の小林武史さんの音楽はKAT-TUNとも全然違うし、僕にとっては新鮮でした。映画全体の世界観もとても好きです」。KAT-TUNで見せる赤西さんとはまた別のアーティスト性が垣間見える。

「ナツ(役)と自分は全く似ていない。考え方も違う。あんな優柔不断でウジウジしないし、自分は何でもハッキリしているので、曖昧な答えは出さないです」。自分のことが嫌いで、そんな自分と似ているアサコ(北乃きい)を好きになるナツの行動に対しても、「あの気持ちはわからないなあ。まず、自分だったら好きになった女の子に出会った夜は帰さないと思う(笑)」。ちなみに赤西さんが惹かれる女性は「メンドくさくない人。自分を持っている人。あとは居心地がいいとか自分がラクでいられる空気感とか、フィーリングです」。
・・・続きはコチラで読めます

キャスティング/かしわぎ なおこ(モアナ・サンライズ)
撮影/齋藤 ジン(crag.inc)
スタイリング/野友 健二
ヘアメイク/豊福浩一(メーキャップルーム)

関連記事



コメント ※内容によっては公開しない場合もあります


(編集・削除で必要になります)
管理者にだけ閲覧許可する場合はチェックして下さい

カレンダー

今日は[ ]です!

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント








Copyright © 映画「BANDAGE バンデイジ」の足跡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。