※当ブログは「BANDAGE」関連会社及び出演者とは一切関係ありません

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「LANDS LAST LIVE」新聞・WEB記事

「LANDS LAST LIVE」記事を各サイトより抜粋
20100110sinbun.jpg

観覧応募7万通!“赤西バンド”が一夜限りの特別ライブ
/@ぴあ(21:30) ピンクハートライブステージ写真が8カットも掲載してあってオススメ
KAT-TUN・赤西仁が初主演した映画『BANDAGE バンデイジ』の劇中バンド・LANDS(ランズ)が19日、東京・SHIBUYA-AXで一夜限りの特別ライブ「LANDS LAST LIVE」を開催。会場には約7万通の応募の中から当選したファン2800人が詰めかけた。

歌い終えた赤西は「映画(の撮影)から始まり、アルバム制作にもかかわったので、曲に対して情があります。集大成としてライブができてうれしいです」と感無量の面持ち。小林監督も「今日のライブのことを想定して(アルバムを)作りました。最高だったよね」と笑顔を見せた。


赤西、映画のバンドで最初で最後のライブ
/日刊スポーツ(8:32)
映画キャラクターの首位獲得は96年10月に映画「スワロウテイル」の劇中バンド、YEN TOWN BAND以来13年4カ月ぶり史上2組目。同ライブには、定員1400組2800人に対し、応募は約50倍の7万通を超えた。主題歌「BANDAGE」など7曲を歌った赤西は「超おもしろかったー。味占めちゃうよね。集大成としてライブができてうれしく思います」と満足げな表情を見せた。

赤西仁「LANDS」ラストライブでファン2800人を魅了
/eiga.com(9:41)
「LANDS」名義で発売されたファーストアルバムのタイトルトラック「オリンポス」でライブが始まるや、会場の熱気は最高潮に。主題歌CDに封入された応募はがきに、劇場前売り券についてくるステッカーを貼って応募した7万人から倍率50倍で当選した強運なファンは、終始大興奮だ。

ライブ本編ではクールなパフォーマンスに徹した赤西だが、終演後のトークでは「アルバム作りに最初のプロセスからかかわって、曲に対する愛情も強い。今では自慢のバンド」。さらに、「作品ともども、これからも愛してくれれば。今日ここで起きたことは皆さんのライフ(人生)の1ページに書き込んでください」とメッセージを送った。小林監督は、「いよいよ最後のページを迎えた」とラストライブに万感の表情。急きょ登壇した脚本の岩井俊二は、「あと1年くらいやり続けると、もっともっと可能性が広がるのに」とLANDSの“解散”を惜しんでいた。

「赤西LANDS」一夜限り夢ステージ
/デイリースポーツ(9:12)
サングラスで決めたボーカルの赤西は、LANDS名義でリリースしたアルバム「Olympos」に収録されている全7曲を熱唱し「このバンドを自慢に思っています。映画を通じて人と出会えたこともうれしかったし、集大成でライブをできたこともうれしい」と感無量の様子。バンドメンバーには、メガホンをとった小林武史監督(50)がキーボード、出演俳優の金子ノブアキ(28)がドラムとして参加した。

赤西仁:「自慢のバンド」小林武史と「LANDS」 最初で最後のライブに名残惜しむ
/毎日jp‎(4:00)
アイドルグループ「KAT-TUN」の赤西仁さん(25)の初主演映画「BANDAGE バンデイジ」の劇中に登場するバンド「LANDS(ランズ)」が19日、一夜限りの特別ライブ「LANDS LAST LIVE」を開き、主題歌「BANDAGE」など7曲を熱唱。

ライブ後に行われたトークコーナーには赤西さん、金子さん、小林監督に加えて、劇中でバンドのベーシスト・ケンジを演じる笠原秀幸さん(26)と、キーボードのアルミ役を演じる柴本幸さん(26)も参加した。赤西さんは「アルバム制作にもかかわって、曲に対して情がある」と感慨深げで、小林監督は「今日のライブのことを想定して(アルバムを)作りました」と語った。赤西さんが「(アルバム収録曲の)『サンキュー』は小林さんの本音ですよね」と小林さんに水を向けると「僕と赤西君、金子君とかの出会いもよかったし、みんな(観客)とも出会えた」と笑顔で語った。

金子さんは「(トークイベントのような)こんなことライブの後にしませんよ。びっちょびちょですよ」と笑顔を見せ、笠原さんに「ドラムかっこよかったですね」と声を掛けられると、観客からの大歓声が上がり、「今日、めっちゃもててる」とうれしそうだった。「人に自慢できるバンドに入れた。(このバンドで)フェスとかに出たいな。いったん今日で幕引きですが、願えばいつかまた会えると思います」と語った。

客席からライブを見ていたという岩井俊二さんは、サプライズで登場すると「感動しました。あと1年ぐらいやっていくともっといいんだろうね」と笑顔で話し、「どこかでまた……。紅白とかないんですかね」と期待を口にし、小林監督は「今日が節目の『LANDS』終了の日。本当に貴重なライブだった。応援があれば(復活も)あるかもしれない」と名残惜しそうに語った。【服部美央】

“赤西バンド”最初で最後のライブで7曲披露
/スポーツニッポン
約7万通以上の応募の中から当選した2800人を前に7曲を披露。歌い終えた赤西は「この映画を通じて人と出会い、集大成としてライブもできて幸せ。皆さんのライフ(人生)の1ページに刻んでもらえれば」と感無量の様子だった。

赤西「LANDS」最初で最後のライブ
/スポーツ報知(6:01)‎
超満員の約1400人からは何度もアンコールが起こったが「LANDSとしては7曲しかないから」と苦笑い。それでも「超面白くて途中から笑えてきちゃった。このバンドを自慢に思ってますし、ここで集大成のステージが出来たのがすごくうれしい。今日の日をみんなのライフの思い出の一ページに刻み込んでほしい」と熱っぽく語った。

赤西仁、LANDS“当選倍率50倍”ラストライブに感慨深げ
/ORICON STYLE(6:00)
人気グループ・KAT-TUNの赤西仁が主演する映画『BANDAGE バンデイジ』の劇中にも登場し、赤西がボーカルを務める期間限定音楽プロジェクト・LANDSが19日、都内で『LANDS LAST LIVE』を行った。7万通の応募の中から、当選倍率50倍のチケットを手にした1400人ずつ計2800人(当日2回公演)のファンに対し、赤西は「ここでライブをやらせてもらって、(作品の)集大成がお見せできるのをすごく嬉しく思います。今日起こったことは皆さんのLIFEの1ページに刻んでいただければ」と感慨深げに語った。

ライブ後には、再びステージに登場し、同作でベーシスト役を務めた笠原秀幸の司会進行でフリートークを行ったメンバーだが、小林は「ライブ後にトークなんて生まれて初めてです」と苦笑い。赤西は「1冊のアルバムみたいに、映画から始まってアルバムを出して、こういう場所で歌えることで、曲に対して愛情というか情がある。アルバム制作に関わって発表するって、今までやったことない」と語り、充実感をのぞかせた。

赤西が同作での活動を「1冊のアルバム」とたとえ、「今日が最後のページなんです。これどうなるの?」と“最初で最後”のライブに想いをはせる中、関係者席から鑑賞していた岩井俊二監督がステージに登壇。「個人的にはなんでそんなに終わらせたいのか分からないけど。ファン代表として言うと末永く、どこかで…紅白(歌合戦出場)とかないんですかね?」(岩井監督)とストレートな意見をぶつけた。また、普段はバンド・RIZEのメンバーとして活動している金子は、「フェスに出たくなっちゃった。俺だいたいのフェスにいるんで、来てくれればすぐやれる。願いはきっと叶うと思う」と“再結成”に期待を寄せていた。

赤西仁、「LANDS」ライブに大満足
/サンケイスポーツ(5:00)
公開中の映画「BANDAGE」劇中のロックバンド「LANDS」が19日、都内で特別ライブ2公演を開催。主題歌「BANDAGE」など7曲を熱唱した。
関連記事



コメント ※内容によっては公開しない場合もあります


(編集・削除で必要になります)
管理者にだけ閲覧許可する場合はチェックして下さい

カレンダー

今日は[ ]です!

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント








Copyright © 映画「BANDAGE バンデイジ」の足跡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。