※当ブログは「BANDAGE」関連会社及び出演者とは一切関係ありません

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



キャスト、内容など第一報

主演は赤西仁(KAT-TUN)で役名は高杉ナツ
4人組ロックバンド「LANDS(ランズ)」のリーダー兼ボーカルを演じる。

バンドブームの中苦悩する4人の若者
1990年代のバンドブームのさなか、ナツ、ケンジ、リュージ、ユキヤからなるロックバンド「ランズ」のメジャーデビューが決定する。普通の女子高生アサコは、友人の誘いで人生初のライブに。そこで偶然ナツと知り合い、マネジャーという形でランズと深くかかわっていく。メンバー間の友情、確執、崩壊を、そこに夢を託したアサコの目線で描く。タイトルには、「バンド世代」(バンドエイジ)と、傷つきながらも前に向かう姿勢を象徴する「包帯」(バンデージ)の2つのテーマが込められている。

音楽プロデューサー小林武史氏が監督作品1995年Mr.Childrenの
音楽ドキュメンタリー映画「es(エス)」以来15年ぶりにメガホンを取り
製作、音楽の『3役』を務める。
*ナツが劇中で披露する表題曲など5曲以上を書き下ろす予定

脚本は映画監督である岩井俊二氏が務める。

11月3日もしくは4日都内でクランクインし都内ロケを中心に
本格的なライブシーンの撮影を行い2009年3月の完成を目指す。
アマチュアライター菅智香氏の小説を基に岩井さんが脚本を書き下ろし
題名にはバンド、時代、包帯などの意味が込められている。
*タワレコ携帯サイトにて菅智香さん原作小説が読めます
  →グッド ドリームス (PC閲覧不可)

【製作概要】
製作幹事:日本テレビ放送網株式会社
企画・制作プロダクション:キイワークス
配給:東宝
脚本:岩井俊二・菅知香
監督:小林武史
*東宝公式サイトによる記事

映画初監督となる小林は脚本を読んで、「感覚的に、主演は赤西仁がいいと思った」と、赤西起用の理由を説明。現在、衣装合わせに入っているという赤西は、ビジュアル面やセリフに関しても自分なりの意見を出すなど積極的に取り組んでいるようだ。
奥田プロデューサーは「音楽分野で経験豊富な小林さんが、どんな映像を作るか、楽しみにしている。赤西さん自身と主人公の生き方が重なるように描かれるのではないか。今まで誰も見たことがない音楽映画になると思う」と、映画の完成に大きな期待を寄せている。
eiga.comニュースより


映画製作会社バサラ・ピクチャーズによる「BANDAGE」エキストラ募集

多数の応募につき定員に達したことで募集を締め切ったそうです(10/31午前)
以後、再度募集の際にはまたお知らせがあるそう。

関連記事



コメント ※内容によっては公開しない場合もあります


(編集・削除で必要になります)
管理者にだけ閲覧許可する場合はチェックして下さい

カレンダー

今日は[ ]です!

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント








Copyright © 映画「BANDAGE バンデイジ」の足跡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。